読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jekyll&&Hyde

昨日は晴れ、今日は朝。

大統領の政策(3)世界のためから日本のために

YouTubeの音声テキスト抽出のままです。

https://www.youtube.com/watch?v=aYGJAaVPapo&feature=share

 

0:00
ネットトラブル大統領の政策 の3本
0:04
相手
0:06
そのため大統領が日に インディーズで映ったこと
0:09
ですね
0:10
それを日本に当てはめれば ですね
0:13
えっ1つは世界の種から 日本の種糸
0:17
要するに厘
0:18
よくあのこれは
0:20
グローバリゼーション グローバル化から
0:23
園内正史氏
0:24
2内製したい人ということで
0:27
8ランク大統領ですとお 例えば海外に工場を造り
0:31
そこでえられる
0:34
早くもしてきた製品が
0:36
アメリカに持ち込まれると
0:37
誠になると
0:39
アメリカ人は仕事をしない
0:42
海外で作ったものを回避
0:44
前貧乏になるとそんなこと せるか
0:46
そういう風に舞ってるわけ ですが
0:48
日本もまったく同じ状態なん ですね
0:51
永続的な例を何例かご説明 しますけれども
0:56
まず1つは
0:57
よく言われる私がよく行 っている町木温暖化
1:00
というのは一体どういうもの なのか
1:02
いいことですね
1:03
非常にひどい状態になってる わけです
1:06
まず現状を行いますと万2000 13年における
1:09
世界の二酸化炭素排出量 っていうのは
1:12
その合計3209億トンもの ですね
1:15
そのうち約30%が
1:18
それから15%が米
1:21
インドが6%ロシア語%日本3.7%
1:25
まず図2
1:26
マリオット諸国を中心として
1:28
まあいろいろな
1:29
先進国もしくは
1:31
えっとまぁまぁbricsみたい ところが相次ぎつながり
1:35
マークをコアの開発が遅れて るところが
1:38
全体のまあ中国と同じくらい の量
1:41
ということなんですね
1:43
それでこれはなぜ行なってる かっていうと前
1:46
前席と後席他の例えばですね 当然それにともなって
1:50
二酸化炭素がっている
1:52
2007-08するってことは エネルギーを減らす
1:56
ということになるんで
1:57
非常にその国にとっては
2:00
被害が大きいわけですね
2:02
人間は活動すること
2:03
で色んなことができるわけ ですたとえば子どもですと
2:06
勉強する学校に行く
2:08
それから青年ですとスポーツ をする仕事をする
2:11
前勉強する
2:13
開発の研究開発をする
2:15
待望の子会社であれば仕事 をする
2:18
ソウルトラックで運ぶ
2:20
南米願望もいるし通勤に電車 もいるし自動車もいるわけ
2:23
ですね麻呂後になって楽しい もっともっとも
2:26
何か旅行する
2:28
どんなときでもエネルギー がいるわけですね
2:31
まああの辺りをなくして時
2:33
同沿岸に育っていることも できるし
2:36
同日は公布かったがその日 によって違いますけれども
2:38
そういうことではなくて
2:42
そういうことではなくて
2:44
越冬
2:47
えっそれではなくてですね
2:49
環境問題にモノを考えれば
2:52
やっぱり国民の幸福との活動 量を加工することなんですよ
2:57
そのためにエネルギーがいる わけです
2:59
エネルギーが出ると 二酸化炭素が出るわけですね
3:02
それで
3:03
えっ地球温暖化どうのこうの 中騒ぎが起きてですね
3:07
現在地球温暖化対策
3:10
人にやってですね
3:11
節電だとか二酸化炭素を 出さないとして頑張ってる
3:15
のは前高校日本だけですね
3:18
前番
3:20
あの認めてもっていた
3:21
ヨーロッパやペルー人とい ってやってるに見えますけ
3:24
ども
3:24
前ドイツはie
3:27
バブルというわけですね
3:28
越冬共産国日第四
3:31
ヨーロッパの協賛ここの部分 を取っているのでほとんど
3:34
実際やっていないわけですが
3:36
まあ-33.7%
3:39
この3.7%しか排出しない日本 はですね
3:42
チームマイナス6%
3:45
マクロ経済政策はダメ になりました
3:48
3.7%-6%
3:51
3.
3:52
世界の3.7%の排出量の
3:55
六%を持ち削減しても実用 日本語1週間後昨年しても
4:01
3.7-
4:02
10分の1以下
4:04
ですからね
4:05
だからまだ痛い3%
4:07
米.3%にしかならないんですよ
4:10
米.3%
4:11
世界全体の0103%
4:13
日本ガイシ努力している
4:15
日本の衰退を
4:16
まな板わけですけどね
4:18
それに対して中国はだいたい 年率10%ぐらい成長して
4:22
きました
4:23
マイネ3%ずつ
4:26
二酸化炭素の排出量暮らして きました
4:29
これが2011年の
4:31
越冬けですけどまま2005年と 快調れば
4:35
まあその頃は中国は2度が3位 に1点
4:38
スクなかったってことかそう 思いますね
4:41
それで中国は発展し
4:43
日本は衰退してきました
4:45
で中国は発展して何が起こる かというと東シナ海だとか
4:49
尖閣諸島に進出してきて
4:51
そしていま反日運動を世界 的に展開する
4:55
そうするとそれは中国の活動 量が増えた上ですね
5:00
私たちの世代の一つ上オヤジ の世代では
5:03
中東からの席上
5:05
マラッカ海峡登って日本に 来ていたわけです
5:08
ですから日本の方が
5:10
この図を見ると信じ られませんが
5:12
日本の方が中国より
5:14
二酸化炭素を飛ばしていた
5:16
ところがどんどんどんどん 中国日赤石油石炭がいくよう
5:20
になって前中国が大きくなる
5:23
何のためにそんなこと やってるのって
5:26
いやしている
5:27
地球が温暖化しないとね
5:29
あなた方はおかしな使って 億円くらいですねもちろん
5:32
二酸化炭素を出しても
5:34
地球温暖化する徳田ほとんど 少ないということも
5:37
価格的にあるんですが
5:39
政治的に考えたときに
5:42
日本の人だ
5:43
世界全体がどんどんどんどん 二酸化炭素クラウンでの
5:47
日本人が立った3.7%しか 出してないように
5:50
それを日本人だけが自己犠牲 的な視点どうなるんですか
5:54
嫌ですね
5:56
まったく地味だ分からない わけですよ
6:00
ところが今までの日本の医療 のインテリというのはですね
6:03
人類のためにとか地球環境 のために
6:08
また中国の発
6:09
でも
6:11
支持してきたわけですよ援助 していたわけですね
6:14
で日本の国内の人には
6:18
温暖化対策チャンピオンに 輝いた言ってお役所も
6:21
各教会に削減目標達成させる
6:24
朝日新聞は12日朝新 モジュールとして
6:27
国民に節約を呼び掛ける
6:30
しかし
6:31
彼らは
6:32
世界の二酸化炭素のこと運動 は中国がふやして生きてき
6:36
ていると
6:37
その中国がやがては日本も送 ってくるということを知って
6:40
るんですよね
6:41
そんなことを知らないわけ じゃないんですよ
6:44
よく分かる
6:45
決定
6:46
取組んでくる
6:47
ということなんですねです から
6:49
わたしはマトランプさんが
6:51
米のために
6:53
と言っているように
6:54
日本もですね
6:55
日本のためになんですよ
6:58
日本のために日本人のために
7:01
それも世界にものすごく体力 を
7:03
プランじゃなくて
7:04
まあ世界にはほとんど影響 ないというものについては
7:08
日本人だ
7:09
第一であると
7:10
遊牧民すればですね
7:12
例えば節約活動
7:15
もちろん省エネ勝利によって 節電活動
7:19
それから二酸化炭素の削減 活動のほか全部なくなっちゃ
7:22
うんですよ
7:23
なぜわれわれは二酸化炭素
7:26
削減難航し約輝かせた
7:28
多久の幻なんですよね
7:31
まあこれ以外にも移民の問題 なく起きたときもですね
7:35
移民移民体はもともと真逆 効果が他の国をつぶすから
7:40
その国からの移民が出てくる わけです今の球ともそう
7:43
ですね
7:44
中東にどんどんどのアメリカ ロシアイギリス
7:47
あのフランスの爆撃する からだ
7:49
その中東から鹿野
7:51
難民が出てくるわけでその 中身は
7:53
爆撃している国が引き取 られていないですよ
7:56
それはそこですね
7:57
ウトロ日本は外に何も できないわけですから
8:00
難民はもともと庄司ないん ですね
8:02
アジアはもともと難民は 少ないです特に
8:05
東南アジア
8:07
今回横川少ないですね
8:09
だからそれをやっぱり込ま れている
8:11
それからもちろん工場もそう ですね
8:14
私自動車会社の中約32億4 ですけど日本の中の若者が
8:18
自動車会社で優良なあ
8:20
賃金を大まかなえるために
8:22
日本の場合は名優両外相は 全員解雇組んでjomoで
8:26
中小企業に働かざるを得ない 中小企業等生のがいいん
8:29
だけど
8:30
だけども
8:31
われわれは何のために
8:33
学校で覚せい剤勉強するのを 支援しているかったら
8:36
やっぱり日本国内なんです
8:38
それもできれば親のいる ところなんですよ
8:41
力のいる所の近くに努めたい という学生は
8:45
非常に多いんですけど非常に まともですよ
8:47
親も当初ってくるから
8:49
自分が近くにいて働いただけ れば難関時に親を助けられる
8:53
という
8:54
それが主な理由はなんですか
8:56
ところがね
8:57
新聞なんかで
8:58
有識者アナウンス輝かした
9:00
いやこれからは グローバリゼーションの世界
9:02
だから
9:03
なお英語を勉強して
9:05
そこで外国で働く人じゃなか ったんですよ
9:07
だけど僕は
9:09
おやじおふくろが少し年撮 ってきたのを見て
9:13
学生がですね
9:14
やがておやじおふくろ辰哉 ではないだろうから
9:17
地元に就職しようという
9:19
心は
9:20
土とっても貴重だと思うの ですよ
9:22
ところがそこに自動車会社と ボディの被害者はいない
9:25
という
9:25
どこにいるんですかってや 中国とか
9:28
タイにつくっちゃったって ですね
9:30
直輸入されるっております
9:32
これを覆そうと言っているの がマトランプ大統領の政策で
9:36
あり
9:37
わたしはは従来から言って きたことでもあるんでが
9:40
ここで
9:41
大統領の政策の3として
9:43
世界のためから
9:46
そういうことを8日示 しました